精神対話士の資格をもつ社長の日記

三重県南伊勢町宿浦にある酒屋マサヤの精神対話士の資格をもつ社長の日記
トイレ掃除

 

 

伊勢法人会南伊勢支部が社会貢献活動の一環と

して行っているトイレ掃除は、今年で9年目になりま

した。ゴミ拾いや空き缶集めでも続けることは大変

なのに、誰もが嫌がるトイレ掃除を9年間も続けて

いる。私の町の社会貢献活動でこんなに長く続けて

いる活動がほかにあるだろうか。

なぜこんなに長く続くかを考えると、目的の明確さ

ではないでしょうか。ただ単にトイレをきれいにする

だけでなく、掃除を通じて「謙虚、気づき、感動、

感謝、心を磨く」ことを目指すからだと思います。

会社経営の方が多く参加されていることから、経営

者の姿勢が分かる気がします。

参加者の話を聞きますと、奥からの美しさ、輝きが

滲み、人として魅力を感じます。憧れますが私は

まだまだ修行が足りません。

日本一のオリンピック選手だって毎日磨き続けなけ

れば、世界で通用しないように「もっと、さらに」と、

磨き続けることが大事だと思った一日でした。

金メダル色の汗に光るそれぞれの顔は晴れやか

でした。
 



| - | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
息子の帰省



正月以来の帰省である。

友達との旅行やクラブの練習、バイトと夏休みも

忙しいからとなかなか帰ろうとしない。

3日休みが出来たからと、14日の夕方帰ってきた。

「孔明はいつ帰るんや」と、首を長くして孫の帰りを

待っていた祖母が大喜びした。

孫の顔を見るなり笑顔のホホに涙が落ちた。

息子を迎えた夕食は、私に出すいつもの夕食では

ない。どちらが大事かは明らかである。

息子が土産に持ってきた大吟醸は大吟醸の味を

超え格別。飲める年齢になった息子と飲む酒は、

至福の喜びがある。家内とどちらが大事なのかも

明らかである。

2日間店の手伝いをして帰った。

子供はだんだん大人になっていく。そして親からも

離れていく。先祖からこの繰り返しを盆は続けている。



| - | 16:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「伊勢志摩招福ようかん」1万セット販売達成

 

井村屋(株)が伊勢志摩サミット応援商品として

発売した「伊勢志摩招福ようかん」を3月〜7月

までの5ヶ月間で1万セットの販売を達成しました。

個数にすると5万個になります。

弊社にとってはまさにサミット効果の最も大きな

ものでした。

この商品は既設の一口ようかんに賢島の航空

写真をプリントしたパッケージで、公認ポスターと

連動してサミット会場を印象づける商品となって

います。

値段(540円)も手ごろで、土産品としてひとりが

何個も買い求める光景がよくありました。

また、「でこたんようかん」もおかげさまで好調

でした。

やはり「でこたんようかん」は、高級感があります

ので、少し上のお土産には「でこたんようかん」を

お買い上げいただいているようです。

「伊勢志摩招福ようかん」は、8月末で終売となり

ますが、「招福」は続いてもらいたいです。



---
このEメールはアバスト アンチウイルスによりウイルススキャンされています。
https://www.avast.com/antivirus

Check


| - | 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

当ブログへお越しいただきまして
ありがとうございます。

あなたは
ブログパーツUL5番目の訪問者です
+ (有)マサヤ 社長 田岡正廣BLOG
+ PROFILE
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
+ MOBILE
qrcode
このページの先頭へ