第18回東京オリンピック聖火ランナーの社長日記

三重県南伊勢町宿浦にある地域に特化した食料品店マサヤの第18回東京オリンピック聖火ランナーの社長日記
<< 「聖火ランナーの像」(その4) | main |
「聖火ランナーの像」(その5)

 

 

「聖火ランナーの像」(その5)

 

先般、三重県立博物館でのTOKYO2020で展示

されていた前回オリンピックの、聖火ランナー

のユニホーム、トーチ、靴をそのまま弊店で

展示しました。

56年前、トーチを高々と掲げ10万人の歓喜の

声に身震いしながら、聖火を繋ぐ使命感に燃え

走った記憶が甦りました。煙は遠く過去に流れ

たが、私の聖火は今も燃え続けている。

聖火は繋ぐことにその意味がある。今、悲しい

大変な時にあるが、スポーツの感動の火は消え

ない。

除幕まであと6日。
 



| - | 14:30 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト


| - | 14:30 | - | - | - | - |










当ブログへお越しいただきまして
ありがとうございます。

あなたは
ブログパーツUL5番目の訪問者です
+ (有)マサヤ 社長 田岡正廣BLOG
+ PROFILE
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
+ MOBILE
qrcode
このページの先頭へ