第18回東京オリンピック聖火ランナーの社長日記

三重県南伊勢町宿浦にある地域に特化した食料品店マサヤの第18回東京オリンピック聖火ランナーの社長日記
尋ね人

 

「尋ね人」

 

先日(926日)賢島大学で、1855年

 

(安政2年)正月元旦五ケ所湾口に、清国

 

の客商船戸彭恒福号が漂流して来て、浦々

 

の漁民が救助して長崎まで曳航するお話を

 

させていただきました。

 

この船に乗っていた乗組員の名前も全員分

 

かつっているので、話したところ「今から

 

164年前の事なら子孫がわかるかもしれ

 

ない。分かったらすごいじゃないか」との

 

質問がありましたが調べる手立てを知らな

 

い。そんな時テレビでFBから生き別れの

 

姉妹を探すことができた番組を見て、もし

 

やと思い乗船していた船員の名前を記すこ

 

とにしました。

 

船長  彭 錦初 (51歳)

船員 顧 漢臣(21歳)陳 錦玉(33歳)

   陸 華堂(44歳)陳 双春(34歳)

   徐 承恩(38歳)顧 富乾(31歳)

   徐 コウ(37歳)彭 倹コウ(27歳)

   杜 揚松(35歳)陸 彭春(22歳)

   顧 桃春(32歳)顧 漢朝(27歳)

   徐 有山(17歳)彭 何子(22歳)

   沈 有才(39歳)王 コウ子(33歳)

戸彭恒福号は1854年11月17日、山東省

 

沖で大嵐に遭い4500劼鯢採して、南伊勢

 

町田曽浦に1855年1月1日に漂着救助され

 

ました。そして長崎へは5月5日に到着してい

 

ます。漁民の人類愛に満ちた出来事だったのです。

 

 

 

 



| - | 10:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
講演予告

 

 

「講演予告」

 

講演の日が近づいてきました。

 

皆様にご案内申し上げます。

 

日本が開国か尊王か攘夷かで揺れていた

 

江戸時代末期の安政2年(1855年)に

 

南伊勢町田曽浦に清国の貨客船が漂流。

 

その船を長崎まで曳航する、人間愛に満

 

ちた話です。

 

(演 題) 田曽岬沖「唐船漂流事情」

 

(日 時) 926日(木)

      19:00〜21:00

 

(場 所) 志摩市阿児町神明723−8

      代々木高校 1Fホール

     (TEL 0599−43−6177)

 

(参加費) 500

 

 

 

 



| - | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ウクレレライブ

 

名古屋を中心に活動しているウクレレ奏者

 

「イエィ〜エ」のライブに行ってきました。

 

天気の不安定にもかかわらず30数名が参加

 

していました。

 

ウクレレコンテスト全日本のファイナリスト

 

である演奏は、音楽のわからない私でもいい

 

音色だと感じました。彼女らは南伊勢が大好

 

きだとのことで、家まで買って毎週のように

 

やってきて、南伊勢のあっちこっちを廻り、

 

創作活動や都会にない日常を楽しんでいる。

 

この様な日本トップクラスの音楽にふれる

 

機会の少ない辺地では、時として大切なこと

 

ではないでしょうか。まさに町づくりに大切

 

な土の人風の人のコラボではないかと思いま

 

す。牧しんじとは少し違っていた。

 

 

 



| - | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

当ブログへお越しいただきまして
ありがとうございます。

あなたは
ブログパーツUL5番目の訪問者です
+ (有)マサヤ 社長 田岡正廣BLOG
+ PROFILE
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
+ MOBILE
qrcode
このページの先頭へ